米下院、天安門記憶を決議

共同通信

 【ワシントン共同】中国当局が民主化運動を弾圧した1989年の天安門事件から30年となった4日、米下院本会議は「天安門事件の犠牲者を記憶し、中国政府に人権尊重を求める」との決議案を全会一致で可決した。天安門広場で弾圧を批判したことがあるペロシ議長は対中外交で「貿易だけでなく、人権問題も取り上げるべきだ」とトランプ大統領に求めた。

 首都ワシントンの連邦議会議事堂前では民主化運動の元学生リーダー王丹氏らが集会を開き、米国や国際社会に中国の民主化に向けた支援を訴えた。

 集会には天安門事件で戦車の前に立ちはだかった「タンクマン」と呼ばれる男性の像が持ち込まれた。

PR

PR

注目のテーマ