丸山衆院議員に糾弾決議案

共同通信

 自民党や立憲民主党など与野党8党派は5日午前、北方領土へのビザなし交流訪問の際、戦争で取り返すことの是非に言及した丸山穂高衆院議員=日本維新の会を除名=に対する糾弾決議案を衆院に共同提出した。「国会議員の資格はないと断ぜざるを得ない」として直ちに進退判断を迫る内容。決議案は6日の衆院本会議で可決される見通しだ。安倍晋三首相は参院本会議で丸山氏の発言について「元島民の気持ちを深く傷つける遺憾極まりないものだった」と批判した。

 糾弾決議案は、丸山氏に関して「憲法の平和主義に反する発言をはじめ、議員としてあるまじき数々の暴言」を繰り返したと非難した。

PR

PR

注目のテーマ