国連、議長にムハンマドバンデ氏

共同通信

 【ニューヨーク共同】国連総会(193カ国)は4日、今年9月に始まる1年間の第74会期の議長に、ナイジェリアのティジャニ・ムハンマドバンデ国連大使(61)を選出した。南米エクアドル出身のエスピノサ現議長(54)の後任となる。

 ムハンマドバンデ氏は選出後の演説で「国家間の信頼の欠如」を克服する必要があると強調。「国連総会は溝を埋める役割を果たさないといけない」と述べ、多国間外交の重要性を訴えた。閉会後、記者団に対し、日本などが求める安全保障理事会改革について「公平、公正、迅速な改革」に向けた意欲を表明した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ