スーダン、デモ死者60人に

共同通信

 【ニューヨーク共同】ロイター通信は5日、スーダンの首都ハルツームで軍がデモ隊を強制排除した問題で、デモ隊の中心組織の一つ、医師委員会の集計として、死者が60人に上ったと伝えた。同委員会はこれまで、死者数を少なくとも35人としていた。

 一方、国連安全保障理事会は4日、スーダン情勢に関する非公開会合を開いた。英国とドイツは軍部隊による市民殺害を非難する報道声明案を配布したが、常任理事国の中国とロシアが反対し、採択は見送られた。欧州メディアが伝えた。

PR

PR

注目のテーマ