競泳の池江選手、5月に一時退院

共同通信

 白血病と闘っている競泳女子の池江璃花子選手(18)が5日、入院中の病院から一時退院していたことを公式ホームページ(HP)で明らかにした。マネジメント事務所によると5月末に数日間、自宅に戻ったといい「退院中は家族で食事を楽しんだり、外の空気をたくさん吸ってのんびりした日を過ごしました」と記した。

 白血病の公表後、初めてとなる写真も公開。白いポロシャツ、ニット帽姿で、姉、兄と並んでほほ笑む様子を披露した。同事務所によると、写真は退院中に撮影したもので、抗がん剤の影響で髪が抜けているという。

 HPの更新は開設した5月8日以来。軽い運動も再開しているという。

PR

PR

注目のテーマ