野党、会期延長より集中審議を

共同通信

 野党は5日、与党が今国会の会期延長の可能性に含みを持たせているのは衆参同日選の可能性をちらつかせる狙いだとして「姑息すぎる」(辻元清美立憲民主党国対委員長)と批判を強めた。会期延長よりも国政全般をテーマとする衆参両院の予算委員会集中審議を開くよう改めて求めた。

 辻元氏は国会内で記者団に「安倍晋三首相の『衆院解散風』発言など国会をもてあそぶのもいいかげんにしてほしい」と指摘。「首相は審議を逃げ回り、与党は予算委を拒否している。北朝鮮やロシアなどの外交問題、消費税増税について国会で審議することが大事だ」と訴えた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ