ユーチューブがヘイト対策

共同通信

 タブレット端末に表示されたユーチューブのアプリ=2018年3月(AP=共同) 拡大

 タブレット端末に表示されたユーチューブのアプリ=2018年3月(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」は5日、ヘイトスピーチ対策の強化を発表した。ナチズムを称賛する動画を禁止し、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)や銃乱射事件など広く知られている事実を否定する動画も削除する。

 ユーチューブはブログで「年齢や性別、人種、宗教、性的指向などに基づいた差別や排除を正当化するため、ある集団が優れていると主張する動画を特に禁止する」と説明した。

 また、ユーチューブのヘイトスピーチを規制する指針に対する違反が疑われる投稿を繰り返した動画チャンネルは、広告収入を得られなくする方針も示した。

PR

PR

注目のテーマ