FCA、経営統合案を撤回

共同通信

 【パリ共同】欧米大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は6日、フランス大手ルノーへの経営統合提案を撤回したと発表した。交渉は物別れに終わったとみられる。筆頭株主のフランス政府が経営統合計画に過度に介入したとFCAが判断し、撤回を決断したもようだ。FCAは声明で「成功裏に進めるための政治的な条件がフランスには存在していない」と指摘し、フランス政府の対応を批判した。

 ルノーと企業連合を組む日産自動車、三菱自動車なども含む世界最大の自動車グループを目指す計画は、いったん白紙となった。

PR

PR

注目のテーマ