展示の文化庁芸術祭受賞作を紛失

共同通信

 文化庁メディア芸術祭で新人賞を受賞し、東京都内で展示中だった現代アート作品を、運営スタッフが誤って紛失していたことが6日分かった。同庁は作者に既に謝罪した。運営委託先の「ビーエスフジ」(東京)が制作費を弁償する。

 アート部門新人賞に選ばれたeuglena(ユーグレナ)さんの「watage」で、タンポポの綿毛を水のりで接着した小さな円形の作品。

 文化庁によると、スタッフは5日、作品の一部が破損していることに気付き、無断で代替作品に取り換えた。その際に撤去した元の作品を紛失した。展示場内を暗くしたまま交換作業をしており、場内を探したが見つからなかった。

PR

PR

注目のテーマ