英Dデー式典で首脳が不戦の誓い

共同通信

 【ロンドン共同】英南部ポーツマスで5日に開かれた第2次大戦のノルマンディー上陸作戦から75年の記念式典に参加した16カ国首脳が、犠牲者を追悼して不戦を誓った「Dデー(決行日)宣言」の書面に署名した。

 主催国英国のメイ首相や、フランスのマクロン大統領らが書面の下部にまとまってサインする中、トランプ米大統領だけが宣言文が記された上の余白に署名した。

 宣言は「第2次大戦の想像を絶する恐怖の年月を二度と繰り返さないと約束する責任がある」と強調。各国が自由を守るために協調し、「意見の違いから一致点を見いだし、国際的な緊張を平和的に解決するために努力する」とした。

PR

PR

注目のテーマ