バド、奥原らが準々決勝進出

共同通信

 バドミントンのオーストラリア・オープンは6日、シドニーで各種目の2回戦が行われ、シングルスは女子の奥原希望(太陽ホールディングス)、男子の坂井一将(日本ユニシス)が勝ち、準々決勝に進んだ。

 ダブルスでは女子の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)、福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)、高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)、男子の園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が勝ち進んだ。混合の渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)も勝ち上がった。(共同)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ