ジョコ、ティエムが4強

共同通信

 【パリ共同】テニスの全仏オープン第12日は6日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス準々決勝は四大大会4連勝を目指す第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と昨年準優勝で第4シードのドミニク・ティエム(オーストリア)が勝ち、4強入りを果たした。7日の準決勝で両者が顔を合わせる。

 四大大会のこの種目で上位4シードがベスト4を占めたのは2012年全豪オープン以来。

 ジョコビッチは第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を7―5、6―2、6―2で下し、初優勝した16年大会以来3年ぶりのベスト4。

PR

PR

注目のテーマ