クラウドゲーム、11月開始

共同通信

 【ニューヨーク共同】米IT大手グーグルは6日、クラウド技術を活用し、専用機がなくてもテレビやパソコン、スマートフォンなどで本格的なゲームを楽しめるサービス「スタディア」を11月に北米や欧州の14カ国で始めると発表した。日本での開始時期は言及しなかったが、来年以降、対象地域を広げるという。

 料金は月額9・99ドル(約1080円)。高画質、高音質で一部のゲームを楽しめ、対応ソフトを割安価格で購入できる。公表された対応ソフトはスクウェア・エニックスの人気ゲームシリーズ「ファイナルファンタジー15」など約30種類。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ