東京円、108円台前半

共同通信

 7日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台前半で取引された。

 午前10時現在は前日比22銭円安ドル高の1ドル=108円45~46銭。ユーロは69銭円安ユーロ高の1ユーロ=122円26~30銭。

 米国が10日に予定する対メキシコ関税の発動を延期する可能性が伝わり、相対的に安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢となった。7日発表の米雇用統計を見極めたいとの雰囲気もある。

 市場では「投資家の最大の関心は貿易摩擦の行方で、神経質な展開が続きそうだ」(外為ブローカー)との声があった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ