上地が決勝進出、国枝は敗退

共同通信

 【パリ共同】テニスの全仏オープン車いすの部は7日、パリのローランギャロスで行われ、女子シングルス準決勝で3年連続4度目の優勝を目指す第2シードの上地結衣(三井住友銀行)がマリヨレン・バウス(オランダ)を6―4、7―5で下し、決勝に進んだ。

 男子シングルス準決勝で2連覇を狙った第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)は2016年リオデジャネイロ・パラリンピック金メダリストのゴードン・リード(英国)に6―2、6―7、2―6で逆転負けした。

 初採用の男子上下肢障害シングルスで菅野浩二(リクルート)は初戦で敗退した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ