ジョコビッチの準決勝は雨天順延

共同通信

 【パリ共同】テニスの全仏オープン第13日は7日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス準決勝で四大大会4連勝を目指す第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が昨年準優勝で第4シードのドミニク・ティエム(オーストリア)と対戦し、2―6、6―3、1―3となったところで雨天順延となった。8日正午(日本時間同日午後7時)から再開予定。

PR

PR

注目のテーマ