バレー、日本男子が3敗目

共同通信

 バレーボールのネーションズリーグ男子東京大会第2日は8日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで1次リーグが行われ、世界ランキング11位の日本は同1位のブラジルに0―3で敗れて2勝3敗となった。ブラジルは5戦全勝。

 日本は第1セット、石川(パドバ)の強打などでリードしたが、中盤に逆転され22―25で落とした。第2セットはサーブに押されてリズムをつかめず19―25で失い、第3セットも21―25で奪われた。

 世界8位のイランは同7位のアルゼンチンに3―1で勝って4勝1敗とした。アルゼンチンは2勝3敗。

PR

PR

注目のテーマ