EU、日本産規制の見直し検討

共同通信

 河野太郎外相は8日、茨城県つくば市で欧州連合(EU)の通商担当閣僚に当たるマルムストローム欧州委員と会談した。東京電力福島第1原発事故を受けてEUが実施している日本産食品の輸入規制を巡り、マルムストローム氏は規制見直しへ検討を進める考えを示した。河野氏が早期撤廃を求めたのに対し「日本の立場は承知している。引き続き(見直しに)取り組む」と述べた。

 河野氏は英国のフォックス国際貿易相、オーストラリアのバーミンガム貿易・観光・投資相とも個別に会談した。いずれも20カ国・地域(G20)貿易・デジタル経済相会合に合わせ実施された。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ