コロンビア北部で往来再開

共同通信

 【ブエノスアイレス共同】南米ベネズエラの反米左翼マドゥロ大統領は7日夜、2月から続けていた隣国コロンビア北部での国境封鎖を8日から解くとツイッターで発表した。両国メディアによると、ベネズエラの住民約1万8千人が同日早朝から、食料や医薬品の買い出しなどのために国境の橋を渡り、コロンビア側の近隣都市ククタなどに押し寄せた。

 この国境は両国の住民の往来が頻繁なため、封鎖によって市民生活に大きな影響が出ていた。暫定大統領就任を宣言した野党連合出身のグアイド国会議長は、マドゥロ政権が国民の圧力に負けて封鎖を解除したと記者団に語った。

PR

PR

注目のテーマ