G20、WTO改革を議論

共同通信

 茨城県つくば市で開かれている20カ国・地域(G20)貿易・デジタル経済相会合は9日、2日目の協議に入った。論点を貿易分野に絞り、世界貿易機関(WTO)改革の在り方や、米中が追加関税の応酬を繰り広げる中で保護主義への対応について踏み込んだ議論ができるかどうかが焦点となる。

 世耕弘成経済産業相は、冒頭のあいさつで世界経済の成長が鈍化し、不確実性が高まっていると指摘。「貿易と投資の促進を通じて、健全な経済成長を達成するため、力強いメッセージを発信することが期待されている」と訴えた。

 9日午後、デジタル経済分野と貿易分野をまとめた閣僚声明を採択し閉幕する予定だ。

PR

PR

注目のテーマ