「経常収支」不均衡の是正策探る

共同通信

 福岡市で開催中の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は9日、2日目の討議に入った。貿易やサービスなど総合的な取引状況を示す「経常収支」の不均衡是正策を探り、貿易赤字だけを問題視して2国間交渉に傾く米国に冷静な対応を促す。討議に先立ち麻生太郎財務相はムニューシン米財務長官と会談。対北朝鮮、イラン制裁などがテーマとみられる。

 G20会議は巨大IT企業などに対する「デジタル課税」のルール作りも協議し、2020年1月の大枠合意を目指す作業計画を正式に承認。午後には一部途上国が返済に窮した中国の巨額融資を念頭に新原則を策定、共同声明を採択し閉幕する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ