「紫電改」実物大模型に、兵庫

共同通信

 兵庫県加西市にある旧日本海軍の鶉野飛行場跡地で9日、太平洋戦争末期にゼロ戦に代わる新鋭機として造られた戦闘機「紫電改」の実物大の模型の展示が始まり、記念式典が開かれた。

 同飛行場で紫電改の試験飛行が実施されていたことから、地元で戦争の歴史を調べている「鶉野平和祈念の碑苑保存会」が発案。式典で保存会理事の上谷昭夫さん(80)が「紫電改で空中戦を戦った多くの若者が犠牲になった。命の重みを感じてほしい」と話した。

 模型は全長約9メートル、幅約12メートルで、当時の写真や機体の説明書をもとに、水戸市の建設会社「広洋社」が約2年かけて完成させた。

PR

PR

注目のテーマ