九州各地で今季一番の寒さ 週半ばまで冷え込み続く

 九州地方は11日、上空1500メートル付近に強い寒気が流れ込んだ影響で気温が上がらず、冬の訪れを告げる肌寒い一日となった。福岡管区気象台によると、熊本県の阿蘇山では、九州7県の観測地点の中で今季最も低い0・3度を記録。長崎県では20地点のうち、14地点で今季最低となった。

 今季最低を更新したのは阿蘇山のほか、長崎県雲仙岳4・9度▽佐賀県嬉野市6・1度▽福岡県添田町7・4度▽宮崎県日向市7・7度▽長崎市11・6度-など。日中の気温も多くの地点で伸びず、福岡市では最低気温の11・8度から2・4度しか上がらなかった。

 気象台は13日ごろまで寒い日が続くとみている。その後、寒さはいったん緩むが、来週初めには再び強い寒気が流れ込む見通し。

=2013/11/11 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ