マリで住民100人殺害

共同通信

 【ナイロビ共同】西アフリカ・マリからの報道によると、マリ中部で9日夜から10日未明にかけて、武装した集団がドゴン人の村を襲撃し、少なくとも95人を殺害した。対立するフラニ人の集団による犯行とみられている。マリの治安当局者は「村がほぼ壊滅した」と述べ、死者はさらに増える恐れがある。

 マリ中部では3月、ドゴン人がフラニ人の村を襲撃し150人以上が死亡する事件が起きたばかり。一部のフラニ人がドゴン人への報復を誓い、緊張が高まっていた。

 今回襲われた村は人口約300人。目撃者によると、武装集団は住民を焼き殺し、家屋や家畜に火を放ったという。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ