ロシア疑惑の証拠、司法省開示

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領のロシア疑惑捜査に対する司法妨害の疑いを巡り、ナドラー下院司法委員長は10日、司法省がモラー特別検察官の捜査で得られた主要な証拠を議会に開示することに同意したと発表した。委員会が開示を求めた召喚状に従った。

 委員会は10日、ロシア疑惑の公聴会を開き、ニクソン政権の大統領法律顧問だったジョン・ディーン氏が証言。ロシア疑惑とウォーターゲート事件は「特に司法妨害に関して類似点がある」と指摘し、トランプ氏にとってのモラー氏の捜査報告書はニクソン大統領を追い詰めたウォーターゲート事件の文書と同じ意味を持つとの見解を示した。

PR

PR

注目のテーマ