上海で先端技術の見本市が開幕

共同通信

 【北京共同】中国上海市で家電などの先端技術の見本市「CESアジア」が11日開幕した。トランプ米政権が排除を進める華為技術(ファーウェイ)が、スマートフォンなど最新の端末製品をアピール。日本勢は中国市場に力を入れるトヨタ自動車グループの部品大手デンソーが初出展した。

 開催期間は13日までで、出展企業は約550社に上る。自動車メーカーでは、ホンダや日産自動車、ドイツのアウディなどが顔をそろえた。

 CESアジアは、米ラスベガスで毎年1月に開かれる世界最大級の家電見本市の中国版で、今年5回目。自動運転技術や人工知能(AI)などの先端技術を披露する場となっている。

PR

PR

注目のテーマ