自動運転、中国勢が存在感

共同通信

 【上海共同】中国上海で11日開幕した先端技術の見本市「CESアジア」では自動運転など車両関連の展示ブースが前年の2倍に増え、自動車メーカーだけでなく中国のハイテク企業が存在感を示した。

 一方、CESを主催する全米民生技術協会のシャピロ会長は米中貿易摩擦に触れ「貿易戦争は皆が敗者になる」と苦言を呈した。

 ホンダはAIを手がける中国企業、科大訊飛(アイフライテック)と、通信機能を備えた車を共同開発すると明らかにした。人と会話し、移動中に買い物などができる。

 中国検索の百度(バイドゥ)が公開した自動運転車は、車で顔認証による決済などのサービスが利用可能という。

PR

PR

注目のテーマ