JR東、産地から新幹線で食卓へ

共同通信

 新潟県・佐渡島の甘エビや岩手県宮古市のウニを東京まで新幹線で運び、駅ナカの鮮魚店で販売する輸送実験が11日、始まった。新幹線のスピードを生かして新鮮な食材を家庭に届けようと、JR東日本のグループ会社などが企画。JR東は野菜や果物も新幹線で輸送実験した実績があり、新たなサービスとして定着を目指している。

 甘エビは11日、ウニは10日に水揚げされた。いずれも11日朝に産地を出発し、東北、上越新幹線で午後2時台に東京駅へ相次いで到着。トラックで品川駅まで運ばれ同4時すぎ、店頭に並んだ。

 担当者によると、トラックなどに比べ、輸送時間は1日分短縮されるという。

PR

PR

注目のテーマ