比、台風で死者確認1700人超 邦人、日系企業も被災

11日、フィリピン中部タクロバンで、台風で陸上に打ち上げられた貨物船の間で木材を集める住民(ロイター=共同) 拡大

11日、フィリピン中部タクロバンで、台風で陸上に打ち上げられた貨物船の間で木材を集める住民(ロイター=共同)

台風30号直撃で倒壊した家屋=11日、フィリピン・レイテ島タクロバン(共同)

 【タクロバン共同】フィリピン中部レイテ島などでの台風30号被害で、国家災害対策本部は11日、1774人の死亡を確認したと発表した。警察幹部は同日までに、同島中心都市タクロバンで「台風通過地域の70~80%の家屋や建物が壊滅した」と述べた。同島では自宅が被害に遭った在留邦人がおり、日系企業の工場もほぼ壊滅したことが判明した。

 被災から11日で4日目。死者は計1万人に上るとの警察の推計もある。警察や軍は懸命な救援活動を続けている。タクロバンなどでは商店の略奪が起き治安が悪化している。

PR

PR

注目のテーマ