小学生向けAIプログラミング学習を新たにスタート|7/22からテックパーク「サマースクール2019」開講

PR TIMES 株式会社グルーヴノーツ

テクノロジーと遊ぶアフタースクール「TECH PARK」|現役エンジニアや様々な分野のプロフェッショナルが 、一人ひとりの個性に合わせて直接指導!
テクノロジーと遊ぶアフタースクール「TECH PARK」(テックパーク)を運営する株式会社グルーヴノーツ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:最首英裕、以下 グルーヴノーツ)は、2019年7月22日から8月26日まで小学1年生から小学6年生を対象にした「サマースクール2019」を開講いたしますのでお知らせします。



テックパークは、一人ひとりの個性を育む学びの場を提供することで、子育てや子どもの成長を支援しています。今年のサマースクールでは、新たに、グルーヴノーツが独自に開発したAIプログラムキットをつかってプログラミングを学ぶアクティビティや、習熟度に応じた複数のプログラミングクラスを提供開始します。
さらには、プログラミングだけにとどまらず、最新の電子工作機器を使った「デジタルファブリケーション」や2D/3Dの「コンピュータグラフィックス」、画像・映像編集などの「デジタルアート」、感性を磨く「アート」といった様々な分野のアクティビティをご用意しています。



AIの楽しさやしくみを体感できる新アクティビティを開始
子ども向けプログラミング学習ソフト「Scratch」(スクラッチ)上で動作するAIプログラムキットをもとに、画像認識などのAIテクノロジーをつかい、想像力を働かせて試行錯誤しながらプログラミングをしよう!


もっとテクノロジーを探求したい子どもに向けた「エキスパートコース」を新設
従来は、低学年向け/高学年向けに提供していたプログラミングコースを改良。初めてパソコンを触る子どもからアプリ開発といったプログラミングに精通した子どもまで、計4つのコースを開設。第一線で活躍する現役エンジニアが丁寧に教えます。
テクノロジーの楽しさと可能性を知るテックパーク

小学校の学習指導要領改訂に伴い、2020年から情報活用能力の育成を目的としたプログラミング教育が新たに始まります。プログラミング教育の在り方や学習内容、指導方法等においては、保護者・教育関係者ともに大きな関心を集めています。

ITの存在は人々の生活の中心になりつつあるものの、ただプログラミングを行うだけではなく、テクノロジーの楽しさと可能性を知ることこそ、子どもたちとその将来を大きく変えていく力になります。
テックパークは、学校や行政だけに教育を押し付けるのではなく、地域社会として子どもたちを育んでいくことで、働く両親の子育てを応援したい。そして、子どもたちには、伝統技術から先端技術まで様々なテクノロジーを活用して、モノを「作り上げていく」経験を重ねることで、人間らしくより豊かに幸せになる力を培ってほしい。そんな思いで、2016年4月にアフタースクール(学童保育)としてテックパークを開校しました。以来、1,000名を超える子どもたちを受け入れています。

●テックパークの特徴



好きなときに預けたいだけ。働くママ・パパを応援します
朝の8時30分から最長20時までのお預かり。また、通いたい日だけのご利用も可能です。子どもたちの長期休みの間も、仕事やご家族の都合に合わせて、柔軟にスケジュールを調整できます。(平日8:30~9:30、平日18:00~20:00はオプション料金となります。)


初めてでも大丈夫、子どもたちの興味を育てる充実したアクティビティ
例えば、低学年には工作など手を動かしながら“イメージを表現する”モノづくりを重視したアクティビティや、高学年はパソコンや3Dプリンター、木工作機器などをつかったオンラインコンテンツを制作するアクティビティなど、子どもたちが楽しんで学べるようオリジナルのアクティビティを制作しています。

(アクティビティ例)

株式会社グルーヴノーツ 代表取締役会長 佐々木 久美子よりご挨拶

テックパークは、プログラミング教室ではありません。プログラムを上手に書くことや課題をきちんとこなすことではなく、それぞれの好奇心をもとに、自分の思いや考えを表現して伝える方法として、テクノロジーを学んでほしいと考えています。そして、一律的なものさしで比較して窮屈な思いをさせるのではなく、自分と他人との違いを超えて、人と関わり協力し合えることを体感的に学んでほしい。

だからこそ、テックパークでは、プログラミングだけではなく、文字や言葉、グラフィック、映像、音楽、ダンス、アートなど、様々な表現方法をプロから直接学べる環境を作っています。子どもたちの中に生まれる気持ちを実際のカタチにして、それが周囲や社会に与える影響を手探りしながら学ぶのです。実際に、ある男の子は 3D プリンタで作った「未来の楽器」が評価され、大学の一次試験で免除認定を受けました。また、ある女の子が作った動画は全国規模のフェスティバルで特別賞に選ばれました。このように、大人になるまで待たなくても、「楽しい」「やってみたい」を実行した結果が実社会に影響をもたらすことを、子どもたちが実感してくれたら嬉しいなと思っています。
保護者の方から寄せられた感想 (一部抜粋)





テックパーク「サマースクール2019」概要




応募殺到!テックパーク「サマースクール2019」説明会の申込受付を開始

「サマースクール2019」の詳細や説明会への申し込みについては、以下のURLをご確認ください。なお、受け入れ可能な人数には限りがありますので、お早めにお申し込みください。
https://www.techpark.jp
※AIプログラムキットとは
グルーヴノーツは、グーグル合同会社が発表したデジタルスキルトレーニングプログラム「Grow with Google」 のパートナーとして、AI を触って学べる子どもたち向けのプログラムキットを開発。その第一弾として、「画像認識AIブロック」を無償提供いたしました。
https://www.techpark.jp/aiblock
※「Scratch」とは
マサチューセッツ工科大学メディアラボ(MITメディアラボ)のライフロング・キンダーガーデン・グループ(MIT Media Lab Lifelong Kindergarten Group)が開発する無料の教育プログラミング言語です。

株式会社グルーヴノーツについて

グルーヴノーツは、ビジネス現場で活用できる人工知能(AI)を目指して、クラウドAIプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS」(マゼランブロックス)の開発やAI活用コンサルティングを行う、福岡発のテクノロジーカンパニーです。世界で初めて、量子コンピューティング技術の実用化に成功*。すでに3,600社超の学習モデルを構築している「MAGELLAN BLOCKS」を使うことで、売上予測・需要予測や契約予測、不正検知、プロモーションの最適化といった未来予測が可能になります。(*D-Wave社製マシン“D-Wave 2000Q”を活用)
https://www.groovenauts.jp




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ