トランプ大統領とバイデン氏火花

共同通信

 【ワシントン共同】トランプ米大統領とバイデン前副大統領は11日、中西部アイオワ州に入り、別々の場所で演説し互いに非難し合った。来年の大統領選の党候補指名争いは始まったばかりだが、共和、民主両党の候補に最有力視される2人は激しく火花を散らした。

 11日発表のキニピアック大の世論調査によると、両氏のどちらを支持するか質問した調査ではトランプ氏が40%、バイデン氏が53%と差がついた。13ポイントも下回ったトランプ氏は危機感を高めているとみられ、バイデン氏への攻撃を強めている。

PR

PR

注目のテーマ