比の避難所で赤ちゃんが産声 台風被害のタクロバン

11日、フィリピン中部タクロバンの空港の避難所で赤ちゃんを出産したエミリー・オルテガさん(左)(AP=共同) 拡大

11日、フィリピン中部タクロバンの空港の避難所で赤ちゃんを出産したエミリー・オルテガさん(左)(AP=共同)

 【タクロバン共同】猛烈な台風30号が直撃し、壊滅的な被害を受けたフィリピン中部レイテ島のタクロバンで、被災者の女性が11日、避難所で出産、女の赤ちゃんが産声を上げた。AP通信が伝えた。

 出産したのはエミリー・オルテガさん(21)。台風の上陸で高潮がタクロバンを襲った時には別の避難所にいたが、泳いで柱につかまり、一命を取り留めた。

 空港に設置された避難所で軍医の介助で無事赤ちゃんを産むと、周囲から歓声が上がったという。

PR

PR

注目のテーマ