(株)悪の秘密結社だって勝ってみたい!「ヤバイ仮面」アメコミプロジェクトがスタート

PR TIMES 株式会社悪の秘密結社

実在する企業、悪の秘密結社が初の作品化クラウドファンディングを開始
悪の秘密結社(所在地:福岡市中央区、代表取締役:ヤバイ仮面)は2016年創業以降、一切作品を持たずヒーローに負けるビジネスを展開してきた同社の「一度だけでも悪として戦いに勝ってみたい」という願いの実現の為、初の自社ストーリー作品の製作・クラウドファンディングをスタートします。


悪の秘密結社公式サイト:https://akunohimitsukessya.com/

「YABAI」は、クラウドファンディングでファンから募った資金で悪の秘密結社初のオリジナル作品として日本初のアメリカンコミック形式で発行するコミックです。クラウドファンディング達成後は東京コミコン2019(https://www.tokyocomiccon.jp/)にて作品のお披露目企業ブースを出展致します。

今件はコミックの発行だけではなく、熊本県公式ゆるキャラ「くまモン」が全国に知名度を広める際に行った「KANSAI戦略(あえて熊本県で露出せず、関西圏内で神出鬼没に登場し、その知名度を広げた戦略)」を踏襲し、発行から宣伝活動、そしてアメリカンコミックの聖地である東京コミコンへ出展するまでを悪の秘密結社が日本侵略構図で開催致します。

クラウドファンディング概要
■募集日時:2019年6月11日(火)19:00~8月16日(金)23:59
■募集方法:クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて実施
■募集方式:All-or-Nothing形式(募集期間内に目標金額を達成できなかった場合、プロジェクトは不成立となり、支援者からの支援金の決済は行なわれません。)
■目標金額:881万円
■募集ページ(CAMPFIRE内):https://camp-fire.jp/projects/view/160309
※クラウドファンディング:インターネットを介して多数の人々から資金を調達して何かを実現する手法。
※募集ページにて達成状況、各制作レポートを随時更新予定です。


“悪”に本気で向き合ったからこそ描ける物語をアメコミに―


悪の秘密結社初の作品化としてアメリカンコミックを製作致します!悪の秘密結社の誕生秘話、そして3年間「悪」に本気で向き合ったからこそ見えるノンフィクションの怪人の姿を徹底的に盛り込んだ作品です。これまでヒーロー側に設定を合わせ、自身のキャラクター性を押し殺してきたフラストレーションを作品化し東京コミコン2019でブチかまします。
日本語版だけではなく英語版も発行―


悪の秘密結社のツイッターは外国人の方にも大変人気があります。しかし社員の低学歴が祟り、英語での応対が出来ず大変悔しい思いをしてきました。初めての作品だからこそ世界中の人々に見て欲しい。当コミックは専門の翻訳家様に依頼し、僭越ながら日本を代表する作品にしたいと考えています。…そしてあわよくばアメコミ企業の偉い人に「君たち…いい目をしているね」とアメリカンドリームを掴む妄想まで完璧です!!

コミックを発行だけだったら今までと同じ―


悪の秘密結社は常に金欠の中で活動してきました。その結果が応援のきっかけとなる作品を持たず、ヒーローショーを行う現在に繋がっています。その反省を活かし、コミック発行に関する宣伝活動をしっかり行います。具体的には熊本の日本一有名なゆるキャラが行った戦略をパクり、全国を社用車で行脚するZENKOKU戦略を行います。

ZENKOKU戦略:熊本県の公式キャラクターであるくまモンがあえて関西方面で神出鬼没に登場し、その後日本国内に知名度を浸透させた「KANSAI戦略」のパクリ。くまモンの初年度予算は8000万円とされるが絶対に無理なので労働基準法に引っかからない弊社会社役員が10日間ぶっ通しで全国を行脚し、その報告をツイッターで随時行う労働基準監督署涙目の戦略。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ