比台風、邦人百人超と連絡付かず 熱帯低気圧も直撃 

11日、フィリピン・レイテ島タクロバンで、被災地を移動する人々(AP=共同) 拡大

11日、フィリピン・レイテ島タクロバンで、被災地を移動する人々(AP=共同)

 【タクロバン共同】フィリピン中部での台風30号の被害について、菅義偉官房長官は12日の記者会見で「レイテ島とサマール島に住む日本人約130人のうち27人の安全が確認された」と述べた。残る100人以上とは連絡が付いていない。現地は停電や施設の被災で通信事情が悪く、日本政府は安否確認を急いでいる。

 台風30号に続き、フィリピン南部ミンダナオ島周辺には12日、新たな熱帯低気圧が直撃した。既に甚大な被害を受けたレイテ島などでは、被災者への支援が行き届かない中、二次災害により被害が拡大する可能性がある。

PR

PR

注目のテーマ