みんな、こっち来んね。ハウステンボス楽しかよ。鈴木敏夫直筆の「言葉」とともにジブリの名場面がよみがえる!『鈴木敏夫とジブリ展』

PR TIMES ハウステンボス株式会社

2019年7月13日(土)開幕


長崎・ハウステンボスでは、2019年7月13日(土)から9月23日(月)まで、多くのジブリ作品を手掛けてきた、スタジオジブリ・プロデューサー鈴木敏夫の“言葉”に注目した展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」を開催します。
作品の世界観をより多くの人に伝えるため、高畑勲、宮崎駿両監督の意図を汲み作品と真摯に向き合うことで、その本質を「言葉」にして伝えてきた鈴木敏夫。
その力強い“言葉”を見ただけで、きっと誰しも心に残る名場面を鮮明に思い出すとともに、ジブリの世界観に誰もが強く引き込まれるでしょう。本展では、鈴木敏夫による書画、ジブリ作品の資料、ポスター、「千と千尋の神隠し」に登場する“湯屋”の高さ3mの巨大立体模型など多数展示します。今夏、ジブリの魅力がたっぷり詰まった「鈴木敏夫とジブリ展」開催のハウステンボスへぜひお越しください !

◆小さなお子さんから大人までが十分に楽しめる企画が満載!◆
■おすすめポイント1.



「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」、「風立ちぬ」、「かぐや姫の物語」まで。高畑勲、宮崎駿両氏と出会って40年、幾多のジブリ作品を手掛けてきたプロデューサー鈴木敏夫。自身による書やジブリ作品の資料とともに、スタジオジブリの秘密に迫ります!

■おすすめポイント2.



少年時代から徳間書店での編集部時代、そしてジブリまで。ゆかりの品々やポスター、書画などとともに、鈴木敏夫の「原点」から「今」をたどります

■おすすめポイント3.



高さ約3メートルの巨大オブジェによる「湯婆婆と銭婆の“開運・恋愛”おみくじ」や「千と千尋の神隠し」に登場する“湯屋”の巨大立体模型なども展示。



◆『鈴木敏夫とジブリ展』 実施概要◆
【期間】2019年7月13日(土)~9月23日(月)
【会場】パレス ハウステンボス内 ハウステンボス美術館
【時間】9:00~21:00
※日によって変更あり。詳細は公式WEBサイトをご確認ください。
【料金】各パスポートをお持ちの方 無料
※1DAYパスポート、ムーンライト4パスポート、アフター5パスポート、VIPプレミアパスポート、年間パスポート
散策チケットをお持ちの方 大人 800円 中人 700円 小人・未就学児 500円
ハーバーゾーンのみのご入場の方 大人 1,600円 中人 1,400円 小人・未就学児 1,000円
※ハーバーゾーン入場料(別途) 大人・中人 1,000円 小人・未就学児 500円
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

PR

注目のテーマ