バドミントンのリーが現役引退

共同通信

 バドミントンの男子シングルスで2008年北京五輪から3大会連続で銀メダルに輝いたマレーシアのリー・チョンウェイ(36)が13日、現役引退を表明した。「このスポーツを本当に愛していたので、とても重い決断だった。だが、いま重要なのは自分の健康だ」と涙ながらに語った。ロイター通信などが伝えた。

 リーは元世界ランキング1位でマレーシアの人気選手。昨年に鼻のがんと診断され、競技から離れて治療に専念。今年1月に20年東京五輪での金メダル獲得を目指して練習を再開したが、世界ランキングは191位まで後退し、五輪出場は絶望的になっていた。(共同)

PR

PR

注目のテーマ