麻生氏に丁寧な説明要望

共同通信

 公明党の斉藤鉄夫幹事長は14日の記者会見で、老後の必要資金に関する金融庁審議会の報告書を受け取らなかった麻生太郎副総理兼金融担当相に対し、丁寧に理由を示すよう求めた。「なぜ受け取らないのか、分かりやすく国民に説明することに尽きる。説明責任を果たしてほしい」と述べた。

 麻生氏に対する不信任決議案提出を野党が模索していることを聞かれて答えた。報告書に関しては「ワーキング・グループの独自の見解であり、政府見解ではない」と語った。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ