韓国の芸能事務所創業者が辞任

共同通信

 【ソウル共同】韓国の男性アイドルグループ「BIGBANG(ビッグバン)」が所属する芸能事務所「YGエンターテインメント」の創業者で代表プロデューサーを務める梁鉉錫氏(49)は14日、全ての職を辞任すると発表した。梁氏の弟も同社社長を辞任した。

 梁氏は、所属する男性アイドルグループ「iKON(アイコン)」のリーダーの薬物使用疑惑をもみ消した疑いが報道されていた。リーダーの疑惑は最近発覚していた。

 梁氏は「所属芸能人やファンにこれ以上被害が及ぶ状況は絶対になくさなければならないと考えた」と辞任理由を説明した。

 同社は韓国の三大芸能事務所の一つとされる。

PR

PR

注目のテーマ