福岡県内各地で最低気温更新 宮崎・五ケ瀬では霧氷も

霧氷のトンネルを歩くと時折、風に吹かれた氷片がきらきらと舞い散った=12日午前9時40分ごろ、宮崎県五ケ瀬町の向坂山山頂付近 拡大

霧氷のトンネルを歩くと時折、風に吹かれた氷片がきらきらと舞い散った=12日午前9時40分ごろ、宮崎県五ケ瀬町の向坂山山頂付近

 福岡県内は12日、冬型の気圧配置の影響で強い寒気が流れ込み、この秋一番の冷え込みとなった。13日まで今月下旬並みの寒さが続く見込み。

 福岡管区気象台によると、県内では12日朝、最低気温が平年を1~3度ほど下回り、全14観測所で今季最低の気温を記録。八女市は4・4度、朝倉市4・6度、北九州市7・8度、福岡市9・3度だった。

 九州では氷点下となった地域もあり、五ケ瀬ハイランドスキー場がある宮崎県五ケ瀬町鞍岡の向坂山(1684メートル)山頂付近の登山道では、空気中の水分が木の枝などに凍り付く「霧氷」が見られた。

 紅葉の撮影旅行中という鹿児島市の黒木芳秀さん(66)は「こんな幻想的な風景が見られて、ラッキーです」と喜んでいた。

=2013/11/12付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ