新入植地「トランプ高原」

共同通信

 【エルサレム共同】イスラエルのネタニヤフ首相は16日、シリアから奪った占領地ゴラン高原に建設する新たな入植地を「トランプ高原」と名付けると発表した。トランプ米大統領が3月、ゴラン高原のイスラエル主権を承認したことに謝意を示す目的としている。イスラエルメディアが伝えた。

 ゴラン高原はイスラエル北部のガリラヤ湖からシリア南部に広がる標高300~1200メートルの丘陵地帯で戦略上の要衝。既に30カ所以上のユダヤ人入植地があり、2万人超が居住している。今後新たに入植地を設け、トランプ氏にちなんだ名をつける。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ