ロシアで言論の自由求め集会

共同通信

 【モスクワ共同】ロシアの独立系ニュースサイト「メドゥーザ」のイワン・ゴルノフ記者(36)が警察の嫌疑でっち上げで一時拘束された問題を受け、モスクワ中心部で16日、言論の自由を求める集会が開かれた。主催者のモスクワ記者連盟によると約2千人が参加したが、招待されていたゴルノフ氏は姿を見せなかった。

 同連盟のグセフ代表は集会で、ロシアでは地方を中心に記者活動が脅かされ、当局による違法な拘束が相次いでいると指摘。ソ連が崩壊した1991年以降にロシアで死亡した記者の数は300人以上に上ると紹介し、当局の関与を示唆した。

PR

PR

注目のテーマ