東京都議会が夫婦別姓請願を可決

共同通信

 東京都議会は19日の定例会本会議で、選択的夫婦別姓制度の導入を促す意見書を国に出すよう、住民が都議会に対して求めた請願を賛成多数で可決し、閉会した。最大会派の都民ファーストの会や公明党が賛成し、自民党は反対した。

 請願を出したのは、全国の地方議会に陳情や請願などを行っている市民団体「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」。

 傍聴した井田奈穂事務局長は「首都の東京都議会で可決されたのは大きな意義がある」と強調。「選択的夫婦別姓制度が導入されていない問題は、生活上の困り事だとずっと訴えてきた。私も声を上げていいんだと思う人がもっと増えてほしい」と話した。

PR

PR

注目のテーマ