ナスカ地上絵の鳥、3点を特定

共同通信

南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」=2010年9月(ロイター=共同) 拡大

南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」=2010年9月(ロイター=共同)

 北海道大総合博物館などの研究グループは20日、南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」に描かれた鳥の絵16点を鳥類学の観点から分析し、うち3点をいずれもナスカ周辺に生息しないペリカン類やカギハシハチドリ類と確認したと発表した。地上絵が描かれた目的を解明する手掛かりになるとしている。

 一方、「コンドル」や「フラミンゴ」とされる有名な地上絵は、各分類の特徴に当てはまらず、それらの鳥ではないと結論付けた。どの鳥を描いたかは不明という。

 研究グループは、それぞれの地上絵のくちばしや足指、尾羽の特徴を抜き出し、現在ペルーに生息する鳥と比較した。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ