財政審、原案の「自助努力」削除

共同通信

 有識者でつくる財政制度等審議会が19日に麻生太郎財務相に提出した財政運営に関する建議(意見書)で、将来の年金受給水準の低下が見込まれるとして原案に盛り込まれていた「自助努力を促していく観点も重要」との表現が削除されていたことが20日、分かった。6日に財務省が委員に非公開で原案を示した際には明記されていたが、その後、十分な議論もないまま修正されたという。

 年金制度についても、「マクロ経済スライド」が十分機能していないことなどから「将来世代の基礎年金給付水準が平成16(2004)年改正時の想定よりも低くなることが見込まれている」と記していたが、削除された。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ