アディダスの商標権認めず

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)司法裁判所・一般裁判所(ルクセンブルク)は19日、ドイツのスポーツ用品大手アディダスが自社の象徴として衣服や靴などの商品に付けている平行な3本線は「普通の図形」であり、「独自性を証明できていない」として、EU域内での商標権を無効とする判断を示した。同社は上訴可能。

 EU知的財産庁は2016年、ベルギー企業の訴えを受け、14年にアディダスが登録した「商品にどの向きでも取り付け可能な、同じ太さで等間隔の3本の平行線」に具体的な特徴がないなどとして商標権を取り消した。アディダスがこれに対し、不服を申し立てていた。

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR