桜島、PM2・5の一因 関東、東海での濃度上昇

 気象庁気象研究所は13日までに、鹿児島県の桜島が放出する二酸化硫黄(SO2)を含む火山ガスが、関東、東海などで微小粒子状物質「PM2・5」の濃度を上昇させる一因になっているとの研究結果をまとめた。19日に日本気象学会の秋季大会で発表する。

 PM2・5の原因としては車の排ガスや工場の煙、大気汚染が深刻な中国大陸からの飛来などが指摘されている。気象研は「桜島の環境への影響は九州内では報告されていたが、関東などで明らかになるのは初めてだ」としている。

PR

PR

注目のテーマ