米大統領、イラン攻撃一時承認か

共同通信

 【ワシントン、テヘラン共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は20日、イラン革命防衛隊による米国の無人偵察機の撃墜を受け、トランプ大統領がイランに対する軍事攻撃を一時承認したと報じた。その後、20日夜になって突然撤回したとしている。米政府は公式に確認していない。

 イラン側は無人機が領空を侵犯したと主張しているが、米側は公海上の国際空域を飛行していたと反論しており、対立が続いている。同紙によると、トランプ氏はイランのレーダーやミサイル発射施設など複数の標的への攻撃を一時認めたという。

PR

PR

注目のテーマ