バスケ八村、日本人初1巡目指名

共同通信

 【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBAのドラフト会議が20日(日本時間21日)、ニューヨークで行われ、日本代表のエースで米ゴンザガ大でプレーした八村塁(21)がウィザーズから日本人初となる1巡目、全体9位で指名された。身長203センチ、体重104キロの日本バスケット界の逸材が、世界最高峰リーグでプロとしての第一歩を記した。

 NBAでドラフト指名されるのは2巡目までの計60人と狭き門で、1巡目の30人はよりすぐりのスター候補。新人の年俸は指名順に応じて基準額が設定されており、八村の年俸は1年目から4億5千万円を超える見通し。

PR

PR

注目のテーマ