ゴーン被告、三菱自の取締役退任

共同通信

 三菱自動車は21日、東京都内で株主総会を開いた。新しい取締役が承認され、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された前会長カルロス・ゴーン被告が退任した。ゴーン被告は日産自動車、フランス大手ルノーの取締役を既に退いている。企業連合3社の最後の役職を外れ、自動車業界の経営の舞台を去った。

 総会で益子修会長兼最高経営責任者(CEO)はゴーン被告が欠席したと明らかにした。企業連合については「規模の小さい会社にとって有効だ。関係性を維持発展したい」と改めて意義を強調した。「連合各社とざっくばらんに話せる態勢をつくりたい」とも述べた。

PR

PR

注目のテーマ