米ファンド提案を否決、JR九州

共同通信

 JR九州は21日、福岡市で株主総会を開いた。同社の大株主で、米国に拠点を置く投資ファンド、ファーツリー・パートナーズは株主還元策として発行済み株式の10%を、総額720億円を限度に買い戻すよう求めるなどの株主提案をした。ファーツリーの株主提案はいずれも否決または不成立となり、実現しなかった。

 JR九州は、大規模な負債調達などによる自社株買いは「財務健全性を顧みず、短期的な株主還元のみを志向するもので、企業価値の源泉を毀損する」などと指摘し、提案に反対。グループの企業価値向上策として、熊本駅や宮崎駅での駅ビル建設といった開発事業への投資を打ち出した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ